脱毛の種類

脱毛の種類

エステでの脱毛の施術写真

 

暑い季節になると肌の露出が増えます。そんな時期にムダ毛の処理が面倒だと感じる方や、毛深い体質がコンプレックスで薄着が憂鬱、という方は多いのではないでしょうか。そのような場合に脱毛をする方が多いと思いますが、脱毛にはどのような方法があるのでしょう。

 

脱毛には大きく3つの方法があります。

 

クリニックでの脱毛

1つ目はクリニックで脱毛する方法。

 

クリニックでの脱毛には医療レーザー脱毛、電気脱毛(絶縁針脱毛)などがあります。

 

医療レーザー脱毛や絶縁針脱毛は医療行為なのでクリニックでないと受けることができません。

 

効果は高く数回の治療は必要ですが電気脱毛に較べれば格段に痛さは減ります。ですが、クリニックのため費用がほかの脱毛法に比べて高額になります。

 

多毛症などと診断されている場合保険が使えるようですが、美容目的の場合保険適用外になります。

 

エステでの脱毛

2つめの方法は、エステでの脱毛です。

 

エステ脱毛で代表的なものはIPL(光)脱毛や電気脱毛(ニードル脱毛)があります。

 

医療行為ができないため、医療行為に比べて効果は個人差があります。

 

IPL脱毛は主にエステで行われている脱毛方法です。IPL脱毛とはIPL(インパルス・パルス・ライト)という特殊な光を放射し、脱毛する方法です。

 

痛みはありませんが、医療レーザー脱毛と同じく永久的な効果は現在判断できない状態です。

 

現在、永久性が最もはっきりしているのは、医療機関で行う電気脱毛です。

 

エステでは、唯一、TBCが美容電気脱毛を行っており、こちらは永久脱毛となります。エステで永久脱毛をしたいならTBCがおすすめです。

 

自宅での脱毛

3つ目は自宅で自分で処理する方法です。

 

主にシェーバーやクリーム、毛抜きやワックスを用いる人が多いのではないでしょうか。自己処理の場合費用はほかの方法より安価です。

 

ですが、自宅処理で一番心配されるのは痛みと肌のダメージです。

 

自宅処理の多くは無理やりはがしたり、抜いたりする方法なので、どうしても肌がダメージを受けます間違った方法で脱毛処理をするとばい菌が入って化膿したり取り返しのつかない肌トラブルに発展することがあります。

 

 

以上のように脱毛方法には色々な方法があります。自分にあった方法で脱毛をして、明るい気分で夏を楽しみましょう。

 

クリニックでの脱毛は仕事をしている方には不向き?

さて、それでは、脱毛を受けたいと考えたとき、脱毛サロンに行くか、クリニックに行くか、これは誰でも悩んでしまうポイントだと思います。

 

脱毛サロンの光脱毛は「痛みが少なく、脱毛効果は弱く、施術期間が長くかかる」、クリニックの医療レーザー脱毛は、「痛みが強く、脱毛効果は高く、施術期間は短くてすむ」。双方の性質をまとめると、このようなことになると思います。

 

痛みを取るか、効果の高さを取るか、シンプルに突きつめるとそのような感じになりますね。

 

でももう一つ、大きなポイントがあります。それは、「営業時間」です。

 

クリニックはほとんどの場合、あまり遅い時間まで診療を行っていません。

 

いくつかチェックしてみましたが、午後6時〜午後7時には閉院してしまうクリニックがほとんどのようでした。

 

これは、クリニックの規模や営業している町の大きさとは関係なく、ほぼ全国的にこの時刻のようです。また、休診日ですが、ほとんどの場合、土曜日と祝日、日曜日がお休みになっていました。

 

クリニックのこの営業時間は、特にお仕事をしている方には決して通いやすくないですよね。閉院時間の前に余裕をもって施術を受けるためには、少なくとも1時間は前にクリニックに到着している必要がありますが、そんなに早く退社できる方は少ないような気がします。

 

しかも、日曜日を狙って通うというわけにもいかないので、現実的にはかなり難しいといわざるを得ないでしょう。

 

ビジネスウーマンの方々は、脱毛サロンで施術を受けた方がストレスがないように思われます。

 

脱毛サロンは、仕事帰りに立ち寄ることを意識している企業もあり、閉店時間は少し遅い設定です。サロンによってばらつきがありますが、平均すると午後9時閉店が多いようです。2時間の差は大きいですよね。

 

他にも、定休日は平日にしていたり、店舗は駅の近くにかまえるなど、「通いやすさ」にしぼって考えるならば、脱毛サロンが有利です。

 

最近はホームページが完備されているので、予約は24時間オンラインでできるようになっているのも、便利ですよね。"